バッチャン 日常バッサバッサ

男子大学生の日常を便利にするブログです! 下宿・一人暮らし・SMAP・新しい地図 に関する情報を発信しています!

#2 私の一人暮らし

 

ログを始めた今日はやはりやる気が出るものですよね。いつまで続くのやら…。笑

 

今回はお題の私の一人暮らし について書いていこうと思います。

 

私は高3の頃は思うような大学に合格できず、浪人することに決めました。

理由としては

・行きたい大学では無かった

・愛知県を出たかった

主にこの2つの理由だけで浪人しました。今思えば、「何合格した大学を蹴ってるんだ 贅沢言うな」と言いたいですが…。笑

 

愛知県を出るとなると、どこに行くのか考えたところ

大阪弁を知りたい!と思い大阪の大学を受け、合格しました

大阪弁のために下宿したの!?」

とバカにされそうですが実際そうなのです。笑

 

大阪弁って言葉自体がドキツイじゃないですか!?

私は小心者であったため、大阪のアクティブ?元気?を学びたかったのです。一年経って、ちょっとずつ学べてるような気がします

 

話が逸れましたね…笑

下宿生活、一人暮らしはとにかく寂しいです。

 

私は一人っ子に生まれ、親も割と家にいないことが多かったため、一人暮らしなんて余裕っしょ〜と思っていましたが、

いざ始めてみると

自分のアパートの中は静かで、音1つ出ません。

愛知の家では一人とは言えども、猫同士じゃれ合う音だったり、テレビの音、母が回していった洗濯機の音、外で車が通る音 など常に何かしら音が聞こえるのです。

 

そのため、私は最初テレビも無いため、パソコンでアベマTVを見てもいないのにつけっぱなしにしたり、普段聞かないラジオをつけてみたりと

いつのまにか 音を作り出していました。

 

これを見て不安に思う新生活をする方もいらっしゃるかもしれせん。

しかし、解決方法は簡単です。

慣れること!

です。

一年経った今、音が聞こえない空間を楽しめるようになりました。これまで一度も読みきったことがないと言っていいほど、本が嫌いな私も本を読めるようになりました。(関係ないかも…)

 

最後に

一人暮らしというのはずっと続くものではないかもしれません。下宿の方は親から「帰ってこい!!」と言われるかもしれません。結婚したら夫婦で住まなければならないかもしれません。

なので今(一人暮らし 下宿)でしかできないことをしましょう!楽しみましょう!

 

#私の一人暮らし
はてなブログCHINTAI特別お題キャンペーン「私の一人暮らし」
Sponsored by CHINTAI